2016年09月22日

弁当は“BENTO”として世界的な言葉に発展 ----- 作る、買う、感動する、夢のお弁当

婦人画報 2016年10月号
(2016年09月01日発売) 紙版の目次


紙版|デジタル版

●作る、買う、感動する、夢のお弁当
そして今、弁当は“BENTO”として世界的な言葉に発展
各国首脳が集う国際会議の場でも、土地の恵みを凝縮した最強のパワーフードとして、
おもてなしの心を伝えました。
弁当からBENTOへ―。 グローバルに進化を遂げた弁当の魅力と底力をたっぷりとお見せします。


●皇后美智子さまの「愛情三色弁当」
昭和になると、家庭で作られるお弁当の文化が充実。
子どもたちは親の愛情たっぷりのお弁当を持って毎日学校に通い、
その包みを開く瞬間を心待ちにしていました。


●教えて白隠さん。2016年のZENとは?
禅宗が中国から日本へ伝わったのは鎌倉時代。
仏心を言葉や文字によらず、心から心へ伝えてゆくことを旨とし、
武家以外にも天皇家や公家にまで広く支持され、
日本文化の精神の根幹をなしているといっても過言ではありません。
江戸期に生きた白隠慧鶴禅師は、上流階級のみならず民衆の生活にも禅を浸透させた立役者。
白隠禅師が現れなければ、日本のみならず、世界に流布した「ZEN」もありません。
本特集では、2016年の現代の暮らしにも生かせる白隠さんの禅とはどんなものかを考えてみました。


●「みたらし肌」になるベースメイク研究
年を重ねるにつれて肌悩みは増えるもの。ベースメイクが難しくなります。
しかし課題の多いベースメイクを、化粧品の力だけでクリアできるとしたら――?
化粧品は日進月歩。特にジャパンメイドの化粧品は、驚くような技術力と繊細さで、
世界から注目を集めるほど最先端の知見と緻密な設計のもとに作られています。
ベースメイクを更新して、豆大福ではない、みたらし団子のような肌になりましょう!


●「おやつ美容」始めましょう
疲れた時、甘いひと粒で心までほぐされる……。
そう、おやつは心の栄養です。だけど、いつも罪悪感をもって食べていませんか?
正しい摂り方、選び方をすれば、我慢は不要です。
心も体も満たしてくれる、ヘルシーな健康おやつの特集です。


●時計&ジュエリーで作る、おしゃれの聖域
大人の女性の手元には、どんな景色があるのでしょう。
家族から受け継いだリングや記念日のリング、“自分らしさ”にこだわって選んだ時計や、
装いに合わせてその日の気分を上げてくれるジュエリーやネイル。
もしかしたら、お守りとして着けている“何か”も――。
手元は、いつも目が届く場所だからこそパーソナルな思いを込めた“おしゃれの聖域”です。
時計やジュエリーで作られた印象的な景色は、まさにその女性の美意識と人生の一篇を物語ります。
今回は、そんな大人の女性のスタイルが際立つ手元の「景色」に、あらためて着目しました。
色や形、バランスやボリュームを、いつもよりフリースタイルで組み合わせて、
自分らしい手元のおしゃれを新たに発見してみませんか。


●素顔のプリンシパルたち
日本でも高い人気を誇る英国ロイヤル・バレエ団。
主役を踊るバレエ団のトップ“プリンシパル”に、この秋から平野亮一さんと高田茜さんが昇進します。
10代から海外で踊り続けてきた二人が喜びとともに語る、ダンサーの生活とは?二人の今と、その素顔に迫ります。


【別冊付録レシピ】お弁当のおいしさを科学する
お弁当はなぜ「おいしい」?お弁当を科学した決定版レシピをお届けします。
料亭「木乃婦」主人・橋拓児さんが作った誰にもおいしく、やさしいお弁当です。
唐揚げもウィンナーも入っていない、このお弁当。一見、質素に見えるかもしれません。
でも、このお弁当こそが、誰もがおいしく思い、誰の体にもやさしいお弁当なのです。
橋さんがふだんお店で作る華やかな料理とは異なりますが、そのおいしさはやはり確かなもの。
では、このお弁当がなぜおいしく、なぜ体にやさしいのでしょうか?
その「なぜ」を科学的に紐解いてみましょう。
posted by lady at 11:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。