2013年11月22日

京都通の宿 第一章 麻生祐未さんが体験 この宿で京都再発見

婦人画報 12月号
(2013年11月01日発売) 紙版の目次


紙版|デジタル版

京都通の宿 第一章 麻生祐未さんが体験 この宿で京都再発見
日本随一の観光地・京都府の宿泊施設は千七百軒余り。
そのなかには、通いなれた人であっても、新しい発見ができる、刺激的で個性豊かな宿があります。
旅の目的に合わせて選べば、京都の奥深い“顔”に出合えます。


●第二章 京料理の真髄を味わうなら やっぱり日本旅館●
京都を訪れる旅の楽しみのなかでも、京料理ははずせないもののひとつです。
ゆったりしみじみと味わうなら、料理が評判の日本料理を選ぶのがいちばん。
しつらえ、もてなしにも料理同様に繊細な「京都」が表れています。


●第三章 祇園を楽しむなら 片泊まりの宿●
夜は祇園での食事をし、お宿では朝ごはんを楽しむ、そんな京都通の旅を満喫できる片泊まりの宿。
祇園の華やぎを真近に感じてくつろげるうえ、極上の朝ごはんをいただける
お宿を紹介しましょう。


●第四章 大人数で集うなら 町家ステイ●
思い出に残る時間を家族で過ごしたい。そんな思いを町家で実現した。
西陣織商・「加納幸」のご家族。親子3代が心から和み楽しんだ
京町家の魅力とおもてなしをご紹介します。


●第五章 頼れる案内人が欲しいならラグジュアリーホテル●
海外のVIPからも愛されるラグジュアリーホテルには、おもてなしのプロともいうべき
コンシェルジェがいます。
京都の奥の奥まで誰よりも知り尽くしたコンシェルジェに、一見さんでは体験できない
とっておきのプランを考察いただきました。


●第六章 気軽に京都へ旅するなら お値打ちホテル●
ロケーションのよさに加え、価格もお手ごろ。
なおかつお気に入りのサービスがあるから、宿泊はここで。そんな呼び声高い、
京都通の常宿、5軒を紹介します。


●第七章 仏の心に出逢うなら お勤めできる宿坊●
紅葉時期京都のお寺は大混雑でとても近寄れない……という方に、
ぜひともおすすめしたいのが、宿坊ステイ。
早朝、開門前に誰にも邪魔されずゆっくりと、秘仏や庭園を拝観できる特典が満載。
泊まらなければ味わえない時期特別な世界へと“テラタビスト”の吉田さらささんが誘います。


●おいしい、ヘルシー、痩せる? 夢の牧草牛●
広大な牧場で、牧草だけを食べて、のびのび育つ牛は、ストレスがなく、
その肉は安全性が高く、体によいうえ、ダイエット効果まであるらしい……という夢のお肉。
健康志向の人たちの間で、早くも注目を集め始めている「牧草牛」を徹底的に研究してみました。


●世界が微笑むギフトを贈る●
いま、女性たちが賛同する 「意義」「デザイン」 世界が微笑むギフトを贈る


●婦人画報のお取り寄せvol.26●
お歳暮、おせち、集いのごちそう 冬のギフトをお取り寄せ全52品
秋が深まり、年の瀬の声も聞こえてくるこのころ。 おせちの予約はもう終わりましたか?
お歳暮選びに迷っているうちにあっという間に師走がやってきます。
そんな皆様にご用意した冬のギフト厳選52セレクション。
2013年を総括する美味ギフトを選ぶなら、是非このリストからどうぞ。


●除夜の鐘情報付き 「京都のお寺さん」+門前の「お茶・甘味」処●


●川島織物セルコン謹製の「がま口ポーチ」●
posted by lady at 17:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。